読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Una giornata caRINA

イタリアの魅力発信!

インド映画 Kapoor & Sons を観たよ🇮🇳

「死ぬ前に家族みんなで写真が撮りたい」

Kapoor & Sons は家族の絆を描いた映画です。

インド映画には珍しくわずか2時間ほど!

(インド映画は3時間のものが多いイメージ)

 

 f:id:gomechandayo:20161204090509j:image

 

(Attenzione❗️ネタバレあり)

 

f:id:gomechandayo:20161204091322j:image

 

外国で作家として働くラーフルと、作家の夢を諦めバーテンダーとして働くアルジュン兄弟。かつてのある出来事から疎遠になってしまったふたり。インドのクーヌールで生活している父ハルシュと母スニター。

 

一見仲良し家族なんだけど、実はみんなさまざまな秘密や事情をかかえてたり、いい息子を演じてたり…

 

そんなバラバラに過ごす家族が、祖父のリシ・カプールが心臓発作で倒れたことで、インドのクーヌールで集まります。

 

リシおじいちゃんの最後の願い事💐

「家族みんなで集合写真が撮りたい」

おじいちゃんの90歳の誕生日、盛大なガーデニングパーティが行われますが、さまざまなすれ違いや、揉め事が起きてしまい、集合写真を撮ることができませんでした。

 

またバラバラになってしまった家族…

 

ラストシーン。

おじいちゃんから、兄弟にビデオメッセージが。

「お母さんは毎日泣いている、一度でいいからインドに戻ってきてくれないか」

 

そして、最後の小さなお願い。

「明日、家族を集めてくれ」
1度目は撮るのに失敗した家族写真を今度はみんなで撮ることに成功します!

 

 なんといっても、キーパーソンはおじいちゃん!
おじいちゃんだからこそできる気の使い方で家族の絆を修復します。家族の再生の物語です。

余韻がすごい〜〜

 

そもそもフィレンツェで12月3〜9日まで行われているインドの映画イベント、 ”river to river, florence film indian festival ”とはなにか。

 

🔻

http://www.rivertoriver.it/

 

f:id:gomechandayo:20161204091508j:image

 

リーフレットかわいいんだよ❤︎

 

インドとフィレンツェに共通しているものは、「河」です。

 

ガンジス河とアルノ河。
イタリアとインド、ないようで共通なものはたくさんある。

川のように両国をつなぐイベントです。

 

司会の方のサリーとても綺麗でした。

サン・ドカン大使も登壇し、冗談も交えてイタリア語で挨拶してたよ!笑った〜。

 f:id:gomechandayo:20161204092742j:image

 

好きな国と好きな国が仲良しなのは嬉しいね🇮🇳🇮🇹

 

初日に行けて良かったな!

 

映画はヒンディー語で、字幕は英・伊語でした!

アッチャーだけ聞き取れた👏🏻(笑)
 

「アッハハーアッチャー」

 

っておじいちゃん写真撮ってた(笑)

 

それと、南アジアの文化を学んでいたからこそ、楽しめました👀

例えばお葬式は白の衣装を身につけ、未亡人は黒の服を身につける、など、発見が多かったな💡

 

 

笑う気満々で行ったからハンカチ忘れてた(笑)

イタリアでは、映画が終わると拍手!

いい映画ほど拍手も大きい。こんなところも好きなところのひとつ。


ダンスのシーンは合計2回でした!

一気に映画の世界に引き込まれて、釘付けになっちゃう。

 f:id:gomechandayo:20161204091349j:image

 

最後にお父さん役のラジャト・カプールが登場…👏🏻✨✨

 f:id:gomechandayo:20161204091245j:image

「俺が死ななきゃこんないいラストになんなかったぞ~!」
ほんと冗談ばっかり(笑)好きだなぁ(笑)

 

イベント期間中にもう一度、他の映画を見に行こうと思います♪

 

Buona notte🌙